Q. 高山病予防としてクスコには泊まらず、すぐに聖なる谷方面へ移動した方がいいですか

A.

高山病予防ということで、クスコを避けてすぐに聖なる谷方面に向かわれる方も時々いらっしゃいます。少しずつ高地に体を慣らすという点では良いとは思いますし、高山病の発症も少し少ないかも知れません。ですが、一般的に標高2,300メートル以上から発症すると言われており、聖なる谷はそれ以上の標高ですので、どちらにしても、発症する人は発症します。
*主な観光地の大よその標高は下記の通りです。
クスコ 3,400m
ウルバンバ 2,870m
ピサック 2,850m
オリャンタイタンボ 2,800m
チンチェロ 3,750m
マラス塩田 3,385m
マチュピチュ 2,430m
アグアスカリエンテス 2,040m

ほとんどの方はツアー前日にクスコに到着され、しっかり休息をとって体調を整えてからツアーに参加されています。日本からの長旅の後ですし、加えてリマのホテルで1泊せずに空港でクスコ行きの便を待つとなると、クスコに着く頃には疲れでぐったりしてしまうので、よく休息を取ることをお勧めします。高山病は通常、高地到着後4時間以内に発症すると言われていますので、すぐに予防薬(あくまでも予防です)をお飲みになり、よく深呼吸をして酸素をしっかり取り込み、ご到着後は少しゆっくりされていればほとんど大丈夫かとは思います。(個人差はございます)お薬はあくまで予防ですので、飲んだから絶対に高山病にならないというわけではありません。ですので、薬だけに頼らず、高山にご到着後は、水分をこまめに取る・深呼吸をよくする・無理をしないなど、基本的なことも必要です。 (ご到着後、無理して動いた方ほど高山病になりやすいようです)

ご到着日に避けていただきたいこと:
・走ったり、激しい運動をすること
・タバコやアルコールの摂取 ・油っぽい食事(消化機能が低下するため)
・到着してすぐに寝ること(睡眠時は呼吸が浅くなるため)
・到着してすぐに熱いシャワーを浴びること(血行が良くなってしまうため)

心がけていただきたいこと:
・深呼吸をしてよく酸素を取り入れること
・水分をこまめに取ること(水やお茶に加え、ジュースなどの糖分も必要。カフェインを含まない飲み物が良い)
・消化されやすい食事をとる(脂肪分は控えめ、炭水化物を多く含む食事が良い。食べ過ぎず、腹八分目にする)
・とにかくゆっくりと行動すること

*高山病についてはこちら
http://machuyo.com/mp/tips/mountain-sickness.html


加えて、高山病が心配で、ツアー後もクスコに泊まらずに、すぐに出発される方も時々いらっしゃいます。(勿論、日数的に余裕がない場合もあるかとは思います。) クスコは世界遺産の街で、見どころも沢山あるので、クスコの街を全く見ずに帰ってしまうのは勿体無い気がします。是非、日程や体調が許すようでしたら、クスコの街も観光されることをお勧めいたします。