免責事項

当社に賠償の責任がある場合

当社がお客様との旅行契約を不履行とした場合に、その損害分を賠償するものとします。
ただし、損害の発生から6ヶ月以内にお客様からのお申し出があり、弊社に過失があるという明らかな証拠がある場合に限ります。
弊社ツアー中に損害が発生した場合には、速やかにお客様と弊社担当者との話し合いの場を手配いたします。

ただし弊社にて手配をした他社ツアーの内容に関しましては、賠償責任は弊社に無いものとします。
マチュピチュツアー、チチカカ湖ツアーなどほとんどのツアーは手配旅行となり、催行会社は他社となります。


免責事項

以下の場合において、お客様が被った損害について、弊社は損害の責任を持たず、賠償を行うことはありません。

  • 天災地変や気象状況による旅程の変更、および中止
  • 戦乱、暴動、官公署の命令、ストライキなどによるもの
  • 火災など第三者の過失による損害
  • 交通機関の事故・遅延・不通による旅程の変更および中止
  • お客様自身の過失による損害
  • 食中毒
  • 所持品の盗難および紛失
  • 自由行動中の事故

お客様の責任

お客様の故意または過失によって当社が損害を被った場合、当社はお客様より損害賠償を申し受けます。

具体例

実際に、弊社ツアーをご利用の際に起こり得る具体例を示します。

  • リマ発クスコ行の飛行機が遅延した場合

    クスコの空港は霧がかかると、飛行機の発着が制限されることがあり、そのために航空便の遅延がしばしば起こります。
    クスコ到着日に弊社ツアーに参加のご予定がある場合、航空便の遅延により参加できなくなる場合、もしくはツアーバスを車にて追いかける場合がございます。
    この航空便の手配を弊社が行ったかどうかに関わり無く、この損害・発生する追加費用はお客様のご負担となります。

  • ツアー中に所持品を紛失された場合

    所持品の管理責任はお客様ご自身にあります。
    所持品を紛失された場合、もしくは盗難に遭った場合、弊社は責任を負う事はございません。
    また、紛失した物がペルーにおいて発見されることはごく稀ですので、紛失物の捜査も行いかねます。
    どうぞ、持ち物には細心の注意を払って管理なさってください。

  • ツアー中に交通事故に遭った場合

    弊社はツアーの手配をいたしておりますが、実際のツアー催行は他社にて行われます。
    (ペルーの中・小規模の旅行代理店全てはこのようなシステムとなっています。)
    その為、交通事故などによる損害は実際のツアー催行会社が負うことになります。
    通常、各ツアー会社の車両は事故保険に加入しているため、ペルー現地での医療費は保険で賄われることになります。
    これは移動時の車両についても同様です。
    この場合弊社は損害の補償を行いませんが、お客様へのお見舞金の支払いをすることがあります。
    ペルーにおける損害の賠償はどのケースも非常に小額となるため、お客様は必ず海外旅行保険に加入していただくようお願いいたします。

  • ホテルでのトラブル

    弊社ツアーに含まれるホテルにおいて、もしくは弊社が手配を行ったホテル内にて盗難やサービスの不履行、その他の損害があった場合に、弊社は損害の責任を持ちません。
    ホテル側に過失がある場合は、お客様ご自身がホテルに対して賠償を求めていただくことになります。