2018年7月1日よりマチュピチュ入場の規制が強化されます

投稿日:

2018年7月1日より、マチュピチュ遺跡への入場時間などに関する規制の施行が厳しくなるというニュースが出ています。

マチュピチュの入場時間に関する規制は、以前にお知らせした通り、2017年7月1日以降下記の変更がありました。
①マチュピチュ遺跡入場の際は、必ずガイド同伴のこと。
②マチュピチュ遺跡の入場券は、午前の部(06:00am~12:00pm)/午後の部(12:00pm~17:30pm)の入場の2種類の半日入場チケットとなった。
変更後は試用期間ということもあり、半日チケットとは言っても退場時間に関してそれほど厳しくありませんでした。
しかし、最新情報によりますと、2018年7月1日以降、退場時間の管理などをもっと強化するとの事です。
(必ず担当のガイドと一緒に退場することになります)
尚、ワイナピチュ付きの場合、午前の部となりますが、7:00am入場の場合は12:00pm頃に遺跡を退場、10:00am入場の場合は13:00~14:00pm頃に遺跡を退場となるそうです。
(現時点での文化庁からの情報に基づきます。実際の運用については7月以降、様子を見る必要があります)
又、今後はワイナピチュ下山後にマチュピチュ遺跡に再入場することができなくなるようです。