ペルー緊急事態宣言が4/12まで延長

投稿日:

新型コロナウイルスの流行に伴い発令されたペルーの緊急事態宣言が、当初は3月30日までの予定でしたが、4月12日まで延長されました。
それに伴い、自宅待機および夜間外出禁止などの措置も延長されます。

詳しくは、以下に在ペルー日本大使館よりのメールを転載いたします。

 

新型コロナウイルス関連情報(3月26日 大統領記者会見要旨)

1.新型コロナウイルスの感染者数他
(1)本26日までに累計9,219件の検査を実施し,感染者数の累計580人で前日から100人増加,内58人が入院中(内13人が集中治療中)。なお,同ウイルスに感染した患者14人がこれまでに退院した。
(2)昨25日,自宅待機等の各種措置を守らずに逮捕された者は2,568人,非常事態宣言が発出されてからの逮捕者の累計は21,074人。リマ以外でラ・リベルタ及びピウラで逮捕者が多い。

2.緊急事態宣言の延長
(1)非常事態宣言を13日間延長し,4月12日までとすることが決定した。
(2)本宣言の延長により国民には不便を強いることになるが,全ての国民の生命・健康を守らなければならない。
(3)国境閉鎖,自宅待機及び夜間外出禁止(午後8:00~午前5:00)も継続する。

引き続き、感染予防には細心の注意が必要です。医療・健康等に関するお困りのこと・ご不便なことがありましたら,できるだけのご助力をいたしますので当館までご連絡ください。

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 医務部・領事部
Av. Javier Prado Oeste No.757, Piso 16, Magdalena del Mar, Lima
電話:(+51-1)219-9551
Fax :(+51-1)219-9544
consjapon@li.mofa.go.jp
http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html