ペルーにおける国家緊急事態令の発令について

投稿日:

新型コロナウィルスが世界中で猛威を奮っており、ペルー国内でも感染者が急増している中、ビスカラ大統領は国家緊急事態令を発令しました。
続きに、在ペルー日本国大使館からのメールを転載したします。

●3月15日(日)20時,ビスカラ大統領は,国民向けメッセージとして,15日間の国家緊急事態令の発出を表明しました(3月16日(月)より3月30日(月)の期間)。
●この宣言の発出により,ペルーの陸・海・空すべての国境が閉鎖される見込みです。
●保健医療や食料等の生活必需品の購入等の場合を除き、身体の自由と安全、住居の不可侵、集会の自由、国内の移動を含む憲法上の権利の停止が含まれます。
●明16日(月)について,在ペルー日本大使館は通常通り開館しています。万が一,医療機関等に隔離され,援護が必要な場合は在ペルー日本大使館までご連絡ください。

1 3月15日(日)20時,ビスカラ大統領は会見において,国民向けメッセージとして,ペルー全土に対する15日間の国家緊急事態令の発出を表明しました。本宣言は3月16日(月)から30日(月)の間適応されるとのことです。

2 これにより,16日(月)23:59以降,ペルーの陸・海・空すべての国境が閉鎖され,人の移動が禁止されるとのことです。なお,貨物・商品の輸送については,この措置には含まれないとのことです。

3 また,憲法にて保障されている身体の自由と安全・住居の不可侵・集会の自由、国内の移動を含む憲法上の権利の停止が含まれます。

以下の場合を除き,移動が制限されることとなります。
・生活必需品や医療品の購入・生産・供給
・医療機関へ診療等で至急赴く必要がある場合。
・住居への帰宅
・高齢者・児童・未成年者・被扶養者・障がい者や支援を必要とするものに対するケアや保護のため
・金融・保健・年金機関等の適切な機能のため。
・燃料の生産・在庫保管・交通・供給・販売のため。
・通信メディア,コールセンター

4 3月15日(日)13:10現在,ペルー保健省によると,ペルーにおける累計感染者数は71名です(リマ:58人,カヤオ:2人,アンカシュ:1人,アレキパ:2名,クスコ:1名,ワヌコ:2名,イカ1名,ラ・リベルタ1名,ランバイェケ:1名,ピウラ:2名)。
 
5 ペルー保健省は,症状が疑われる場合は,以下の緊急窓口(113番)に連絡することを奨励しています。コロナウイルスの症状が疑われる患者より連絡があった場合は,保健省から疫学研究所に連絡し,患者の自宅にて検査を行うとのことです。
【ペルー保健省窓口(スペイン語・英語対応。24時間対応可)】
電話(無料):113番
メール infosalud@minsa.gob.pe
WhatsApp:95284-2623

6 明16日(月)について,在ペルー日本大使館は通常通り開館しています。なお,万が一,医療機関等に隔離され,援護が必要な場合は在ペルー大使館までご連絡ください。

○参考情報: 
・ペルー保健省(スペイン語)
https://www.gob.pe/minsa/
・厚生労働省(日本)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・検疫所(日本)
https://www.forth.go.jp/topics/fragment1.html
・国立感染症研究所(日本)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-corona/9305-corona.html
・外務省海外安全ホームページ(日本)
https://www.anzen.mofa.go.jp/

【問い合わせ先】
在ペルー日本国大使館 医務部・領事部
Av. Javier Prado Oeste No.757, Piso 16,Magdalena del Mar, Lima
電話:(+51-1)219-9551
Fax :(+51-1)219-9544
consjapon@li.mofa.go.jp
http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html