チチャ・モラーダ Chicha Morada

chicha-morada-01.JPG

チチャ・モラーダってどんな飲み物?

チチャ・モラーダ(Chicha Morada)はペルーオリジナルの飲物で、ペルー人誰もがが大好きなジュースです。
ペルーには元々トウモロコシを発酵させた白いお酒、「チチャ」というものがありますが、それとはまた別の飲み物です。
モラーダ(Morada)はスペイン語で紫色という意味。
マイス・モラード(Maíz morado)という紫色のトウモロコシを使ったチチャ、つまり紫トウモロコシのジュースがチチャ・モラーダです
ペルーは、種類豊富なトウモロコシの産地ですが、その中でも独特なのが紫トウモロコシ。(かなり黒に近い濃い紫です)
紫トウモロコシは他のトウモロコシと違って、茹でてそのまま食べることはなく、チチャ・モラーダやマサモラ・モラーダ(紫トウモロコシのエキスで作るデザート)など、紫色のエキスを煮出して使われます。
紫トウモロコシのエキスは少し薬のような独特の匂いがします。
味ですが、ちょっと穀物臭さがあるものの、パイナップルやリンゴなども入れるためフルーティーで爽やかな飲物です。
チチャ・モラーダは作る人によって、味や甘さが変わり、それぞれの個性を楽しむことができます。
ペルーのレストランでは必ずと言っていいほど用意されており、
コップで、もしくはピッチャーで注文することができます。

チチャ・モラーダの健康効果

同じ紫色の飲み物であるワインと同じく、チチャ・モラーダには沢山のポリフェノールが含まれています。
実際のところ、チチャ・モラーダにはワインよりも多くポリフェノールが含まれており、ノンアルコールなのでお酒が飲めない方でも気軽にポリフェノールを摂取できます。
特に紫トウモロコシは、ポリフェノールの一種であるアントシアニン(ブルーベリー、カシス、ラズベリーなどにも多く含まれる) が豊富です。
このアントシアニンには抗酸化作用や活性酸素の抑制、免疫力のアップ、ガン予防、血流改善、 コレステロールの低下などなど様々な効能があるそうです。
chicha-morada-02.JPG紫トウモロコシを煮出す

チチャ・モラーダの作り方

作り方ですが、紫トウモロコシとシナモン、クローブ、パイナップルの皮、細かく切ったリンゴをよく煮出します。
メンブリ―ジョ(Membrillo)というフルーツを入れることもあります。
あとは、お好みで砂糖とレモンで味を調整して出来上がりです。
chicha-morada-03.JPG紫トウモロコシのエキス
スーパーではペットボトルのチチャ・モラーダも売っているのでペルーのお土産にすることができます。
液体を持って行きたくないという方には、粉末のチチャ・モラーダの素も売っています。
また、チチャモラーダ味の飴も売ってるので、気軽に配ることのできるお土産にちょうどいいですね。