ペルーの通貨

ペルーの通貨はペルー・ヌエボ・ソル(PEN: Peru Nuevo Sol)です。

2015年12月15日より、ペルーの通貨の正式名称は以前のヌエボ・ソルからソル(Sol)となりました。

通称、ソル(複数形でソレス:soles)とだけ呼ばれます。スペイン語で「Sol」は太陽を表す単語です。アンデスの強い日差しを思わせる、ペルーにぴったりの通貨の名前ですね。通貨記号は S/. となります(例:S/. 20.0 → 20ソレス)。 南米各国の通貨の中では比較的価値の安定している通貨です。また、ペルーではアメリカドルも流通しており、観光地ではドルで支払うことの出来る場所も多いです。

現在のレート

ペルー・ヌエボ・ソルの紙幣

solbig.jpg

ペルーの現在発行されている紙幣は以下の5種類です。

  • 200 soles
  • 100 soles
  • 50 soles
  • 20 soles
  • 10 soles

2011年に紙幣の変更があったため、現在は各紙幣ともに新旧両方のデザインが流通しています。上の写真はそれぞれの表面・裏面の画像です。左が旧紙幣、右が新紙幣です。(偽造防止のため透かし文字を入れています。)

200ソル札はあまり流通していないので見る機会が少ないですが、ATMでキャッシングすると出てくることがあります。紙幣のデザイン変更後も、100ソル札の数字部分の文字色が変わったり、10ソル札の印刷の色味が変わるなどの細かい変更が度々行われています。南米では偽札防止のため、新しい紙幣印刷技術の導入が頻繁に行われます。そのため、デザインで紙幣の真贋を判別するのではなく、紙幣の質で見極める必要があります。

紙の質が弱かったり、印刷のはっきりしていないものは偽札の可能性があります。印刷部分を爪でこすると剥げるものも偽札です。

紙幣を受け取る時は、毎回、各紙幣を確認するようにしてください。また、破れ目のある紙幣は受け取らないようにご注意ください。

ペルー・ヌエボ・ソルの硬貨

coin.JPGペルーの現在発行されている貨幣は以下の通りです。

  • 5 soles
  • 2 soles
  • 1 sol
  • 50 centimos
  • 20 centimos
  • 10 centimos

ペルーの貨幣はアメリカドルのように複雑ではなく、額面の数字もしっかり刻印されていて分かりやすいです。マチュピチュ旅行前にしっかり把握しておきましょう。

5ソル・2ソルコインは偽造防止のため、デザインの複雑化がありました。そのため、現在は新旧2種類のデザインが流通しています。上の写真では右上の4つが、それぞれ新旧デザインの5ソルの裏表です。中央上部の4つが、新旧デザインの2ソルの裏表となります。

1ソルは、上の写真では下の段の右から4つ目までが1ソルコインの2つのデザインの裏表です。「UN NUEVO SOL」と刻印されているものは、「UN」がスペイン語で数字の「1」を表します。1ソルコインは上の写真の2つのデザインだけでなく、マチュピチュなどの観光地や遺産などの模様を付した数十種類のデザインがあります。もしマチュピチュの絵柄のコインを見つけたら記念になりますね。

5ソル、2ソル、1ソルのコインは偽造コインも出回っています。絵柄の潰れているものは偽造の可能性がありますが、本物でも古いコインは模様が潰れてしまっているため、判別は非常に難しいです。厚みが均一でなかったり、コインが新しいのに絵柄がはっきりしていないものは偽造と疑ってください。

1ソルよりも小額の貨幣は、センティモ(Centimo)という単位が用いられます。これは米ドルで言うところのセントと同じで、1センティモは1/100ソルに相当します。ですから50センティモ硬貨は1/2ソルとなります。これらの小額貨幣には偽造コインはないと思っていいでしょう。

本当は写真に載っていない5センティモ、1センティモの硬貨もありますが、かなりの小額であまり流通していないため、旅行者が見る機会はないでしょう。