そうだ、マチュピチュに行こう

でも準備ってどうするの?

海外旅行は思い立った瞬間が始まり!

でも万全の準備で旅行を楽しむには時間が必要です。

しっかり準備をして、マチュピチュ旅行を思う存分楽しみましょう!!

3ヶ月前

マチュピチュ旅行は行きたいと思った日から2~3ヶ月後に計画するのが一番です。 例えば、年末年始に休暇が取れる場合は9月くらいには旅の計画を始めておきましょう。

学生の場合は2、3月に卒業旅行や春休みの休暇を利用した旅行を計画する人が多いでしょう。 卒業旅行の場合は同行者が大人数になることがあるので、更に前以て10月くらいから準備を始めるのがベターです。

休暇を申請する

マチュピチュ旅行を思い立ったら、まずは日程を押さえるのが先決です。 マチュピチュは日本から最も遠い国の一つです。 旅程は長ければ長い方が理想的です。 最低でも1週間、可能なら2週間以上の予定を確保する必要があります。 ゴールデンウィークやシルバーウィークに土日や有給休暇を組み合わせると、1週間以上の休日が取得できることがあります。 年末年始や夏季休暇、春休みなどを利用することも出来ます。 まずは、取れる限り最長の休暇を確保することがマチュピチュ旅行の第一歩です。

情報を収集する

インターネットやガイドブックでマチュピチュや近隣の観光地の情報を調べましょう。 マチュピチュ近隣の観光地や中南米の他の国で行きたいところや食べたいもの、やりたいことを複数見つけておくといいでしょう。 ペルーにはマチュピチュだけでなく、ナスカの地上絵やチチカカ湖の浮島など見るべきものが沢山あります。 旅行の具体的な計画を組む前に、情報を集めて選択肢を沢山持っておくと、旅の準備がより楽しくなりますよ!

旅行の情報を収集しよう

パスポートを取得する 重要

国際航空券の購入やツアーの予約、マチュピチュ入場券の購入にパスポートが必要になります。 十分前以て取得しておきましょう。 既に持っている人は有効期限を確かめて、旅程中にパスポートの期限切れにならないように気をつけてください。 有効期限が6ヶ月を切っている場合は、新しくパスポートを再取得する方が良いでしょう。

パスポートの申請は各都道府県の申請窓口で行います。 窓口によりますが、申請してから発行までに一週間前後かかるようです。

パスポートを取得しよう

国際学生証を取得する 学生の場合

国際学生証を取得しておくと、観光先で学生割引を利用することが出来る場合があります。 マチュピチュ遺跡の入場券も学生割引の適用があります。 多くのツアー会社では学生割引を受け付けていませんが、マチュヨのマチュピチュツアーでは学生割引をご利用いただけます。 お申し込み時に国際学生証の番号とスキャン画像が必要になりますので、是非お早めに国際学生証を取得してください。

学生割引を利用しよう

クレジットカードを作っておく

もし、クレジットカードを持っていないなら、十分前以てクレジットカードを作っておいてください。 海外旅行では必ずクレジットカードが必要な場面が出てきます。 可能なら2種類のカードを作りましょう。 日本だけでなく世界中で使えるブランドは「VISA」と「MASTER」の2種類になりますので、両方を取得しておくと安心です。

2ヶ月前

具体的な旅程を立てて、航空券などの旅の重要なチケット類を予約していきましょう。

日程を立てる

収集した情報を元に、行きたい場所ややりたい事のリストを作り、優先順位を付けましょう。 そして、それらを日程に上手に収まるように組み合わせて日程表を作ります。 その日程に合わせて、国内線・国際線・ペルー国内線の航空券の購入、その他バスなどの交通の予約、ホテルの予約などを行っていきます。

航空券を購入する

国際線のチケットはフライト日の2ヶ月程前に購入すると一番安く購入できる場合が多いようです。 価格をチェックしながら、2ヶ月前までには国際線の航空券を購入しておきましょう。

南米行きの国際線は主に東京(成田/羽田)発着となります。 関東以外にお住いで、購入した国際便の発着が東京の場合は、お住いの都市から東京までの国内便の手配もしておく必要があります。 国際線の日付をしっかり確認した上で、国内線のチケットを購入しましょう。

ペルー国内の航空券も必要に応じて手配する必要があります。 通常、国際線の発着は首都リマのホルヘ・チャべス空港となります。 マチュピチュに旅行する場合は、リマからクスコまでの航空券を購入する必要があります。 早めに購入しておくと、安心ですね。

マチュピチュツアーの予約をする

マチュピチュの観光を予約するメリットは大きいです。 マチュピチュ遺跡を上から見下ろすことの出来る人気スポット「ワイナピチュ」に入場したい場合、人数制限があるためにチケットが早い時期に完売してしまいます。 前以てチケットを購入しておけば、ワイナピチュ入場もでき安心です。 マチュヨは皆さんのマチュピチュ旅行のお手伝いをいたします。

滞在国・日数に応じて必要なビザを確認する

南米の多くの国では事前にビザを取得していなくても、観光のために90日程度の滞在が可能です。 しかし、ブラジルの場合は渡航前にビザを取得していないと入国することが出来ません。 マチュピチュ旅行と併せてブラジルにも入国される方、またその他ビザの必要な国に入国・トランジット予定の方はビザの取得を行ってください。
また、長期滞在をお考えの場合も必要なビザをご確認ください。 ペルーの場合、観光ビザで最長183日までの滞在が可能です。 それ以上の滞在をお考えの場合は、ビザの申請が必要となります。

バスなどの交通の予約をする

もしボリビアやエクアドルなどペルーと国境の面している国に陸路での移動を考えている場合は、前以て長距離バスを予約しておきましょう。 もっとも日程が限られている場合は空路での移動がお勧めです。

ホテルの予約をする

現地でホテルを探すと、時期によっては満室で部屋が見つからないこともあり得ます。 ホテルも前以て予約しておくと、スムーズな旅行が楽しめます。

1ヶ月前

旅行まで一ヶ月となると、ワクワクしてきてちゃんと眠れなくなったりする時期ですね! 万全の旅行になるように必要なグッズなどを揃えていきましょう。

旅行グッズを買い揃える

旅行に必要な持ち物は旅先によって変わってきます。 既に何度も海外旅行の経験のある人でも、マチュピチュ旅行の場合はこれまでと違った旅行用品が必要になるかも知れません。 チェックリストを作って、持ち物を揃えていきましょう。

マチュピチュ旅行の持ち物リスト

旅行に必要なものを揃えよう:バッグ編

旅行に必要なものを揃えよう:セキュリティ編

あると便利なグッズ

ESTAの申請をする 重要

日本からペルーへ直行する航空便はないので、ほとんどの場合アメリカ経由でペルーに向かうことになります。 アメリカに入国する場合は前以てESTA(電子渡航認証システム)を申請する必要があります。 アメリカ渡航の72時間(3日)前までに申請している必要があり、一度申請すると2年間有効です。 有効期限を考えると旅行の直前に申請した方がいいのですが、まれにESTAの申請が拒否される場合があり、その場合は大使館や領事館で観光ビザの申請を行わなければなりません。 万が一のことを考えると、早めにESTAの申請を行うべきでしょう。
※2016年3月15日より、カナダの入国にも同様のeTAという電子出入国カードの取得が義務付けられました。⇒詳しくはこちらのサイトで(英語) エアカナダなどでカナダ経由にてペルーに向かうお客様はくれぐれもご注意ください。

ESTAの申請をしよう

2週間前

外貨を用意しよう

ペルーではペルーの通貨ソル(Sol)以外に、アメリカドルも流通しています。 多くの観光地でドルでの支払いや、ドルからソルへの両替も可能なので、日本からは米ドルを用意していきましょう。 用意する金額は旅行のスタイルによって異なりますが、あまり大きな額面を現金で持ち歩くことは避けた方がよいでしょう。

海外旅行保険を申し込もう

海外旅行時に病気や怪我などを患った場合、日本の健康保険を使用することは出来ません。 医療費は国によって異なりますが、保険無しでの治療は非常に大きな出費となります。 安心して旅行するためには海外旅行保険の加入は必須です。 また保険の内容によっては、旅行中の荷物の盗難や紛失もカバーしてくれます。 クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているものも多いので、契約内容をチェックしておきましょう。

1週間前

いよいよ出発も目前!

郵便物・新聞の停止の手続きをする 重要

郵便物がポストに貯まっていると、その家が長期の不在であることが分かってしまいます。 空き巣などの犯罪を誘発しないために、郵便物の配達の停止を申請しておきましょう。

国際ローミングの申請をする

日本国内で使用している携帯電話を海外で使用する際はDocomo、AUなどの携帯キャリアに海外で使用できる設定にするよう申し込みを行う必要があります。 キャリアによりますが、通常はインターネットで簡単な設定を行うだけで使用可能になります。 出発前に設定を済ませておきましょう。

荷造りを始める

旅慣れしている人であれば荷造りは前日でもOKですが、そうでないなら不安を残さないように早めに荷造りを始める方がいいでしょう。 パッキングにも試行錯誤の時間が必要ですし、足りない物があれば早めに分かると調達する余裕があります。 スーツケースを広げて、旅行グッズを徐々に詰めていきましょう。

3日前

生ものの処理をしておかないと後悔する事に・・・

生ものや野菜を処理しよう 重要

マチュピチュ旅行で1週間以上家を留守にすると、季節によっては野菜等が腐ったりカビが生えたり、蛆虫が湧いたりしてしまうことがあります。 生ものや賞味期限の短い食べ物はきちんと食べ切っておきましょう。

生ゴミを捨てる

ゴミの日を確認し、生ゴミをきっちり捨てておきましょう。

荷造りを終わらせる

既に揃えてある旅行グッズをスーツケース/バックパックにパッキングしていきます。 もう旅行用の衣服も入れてしまいましょう。 持ち物リストを作っておいて、パッキング時に忘れた物が無いか確認します。 もし、何か足りないものがあったら直ぐに入手しましょう。

前日

いよいよ明日から旅行に・・・

必要な人に連絡をする 重要

家族や上司などには前以て旅行の日付を伝えていることと思いますが、意外と正確な日付は覚えていなかったりするものです。 ちゃんと「明日から旅行です」と最後に伝えておきましょう。

直前

いよいよ出発!

節電対策をする 重要

旅行中に無駄な電力を消費しないようにするため、電気機器をコンセントから抜いておきましょう。 ACアダプタは機器を使用していなくても、コンセントに刺しているだけで電力を消費しますので、電源を切るだけではなくコンセントから抜いておくのがベストです。 この時、冷蔵庫の電源だけはくれぐれも止めないでください。 冷蔵庫の電源を止めてしまうと中の食品が痛んでしまうだけでなく、冷蔵庫の内部にカビが発生したりすることがあります。 温度設定の出来る冷蔵庫であれば、一番弱い設定にして点けっぱなしにしておきましょう。 もし家の配線を正しく理解している人であれば、分電盤で冷蔵庫がある部屋以外の部屋の電気を止めてしまうと簡単かつ確実です。

少し早めに出発しよう

旅行にアクシデントはつき物です。 空港までの移動中に、もし電車などが遅れたら大変です。 ギリギリに出発するのではなく、十分余裕を持って出発しましょう。

その他

ペットの預け先を確保する ペットがいる場合

海外旅行にペットを連れて行くことはできません。 ペットがいる場合は、なるべく早めに預ける先を見つけておきましょう。 世話が必要な植物がある場合も、誰かが世話をしてくれるように手配しておきましょう。