旅行の情報を収集しよう

マチュピチュ旅行や海外旅行の準備の最初の一歩は情報収集です。情報収集は旅に必要な情報を得るためだけではなく、旅のモチベーションを高めることにもなります。情報を沢山集めて、旅行で行きたいところやしたい事を具体的にしていきましょう。主な情報源は2つ。インターネットガイドブックです。

インターネットで情報を集めよう

インターネットには山のような情報が溢れています。すでにマチュピチュ旅行をした人の記録やお勧めのホテルなどの情報はGoogleなどの検索エンジンで検索することで簡単に見つけることが出来ます。検索する際に「マチュピチュ ツアー」、「南米 世界遺産」などと複数のキーワードで検索することで効率よく情報を集めることが出来ます。

また、Googleの画像検索「machupicchu」の画像を検索してみると、美しい写真を沢山見つけることが出来ます。期待が高まりますね。

注意点として、ネットの情報は間違った情報や情報源の定かでない情報も溢れています。また、観光地の情報は毎年のように変化しますので、数年前の情報は役に立たないことが少なくありません。インターネットで情報を集める場合は、情報の取捨選択も大事な要素となりますので、信頼できる情報源による新しい情報を探すようにしてください。

ガイドブックを入手しよう

ガイドブックは旅行に必要な手順や情報が網羅されており、かつ系統だってまとめられているので、旅行の準備には必須です。書き込んだり、付箋をはさんだりでき、そのまま旅行に持って行くことも出来ます。マチュピチュ旅行を考え始めた段階で、すぐに入手しておきましょう。

お勧めのガイドブックは、海外旅行者の定番となっている「地球の歩き方」です。

B23 地球の歩き方 ペルー ボリビア エクアドル コロンビア 2016~2017

かなり親切にペルーについての基本的な情報や、各観光地を解説してくれています。大体2年ごとに新しい版が発売されるので情報も比較的新しく信頼できます。画像や地図も多く、ほとんどのページがカラーですので、見やすく分かりやすいガイドブックです。マチュヨのスタッフもすでに何度も購入して熟読しています。幾つか間違っている部分を発見していますが、全体として許容範囲です。恐らく日本語のガイドブックで「地球の歩き方」を超えるものは無いのではないかと思います。

もし、英語に堪能もしくは英語を読むことが苦にならない場合は「Lonely Planet」という英語のガイドブックを選択肢に入れてもいいでしょう。

Lonely Planet Peru

「Lonely Planet」(以降ロンリープラネットと呼びます)は、英語圏やヨーロッパの旅行者の中では定番中の定番のガイドブックとなっています。観光地でこの青い表紙のガイドブックを持っている人を必ず見かけます。海外旅行慣れした人の中には地球の歩き方よりロンリープラネットを勧める人もいますね。旅行中に知り合った外国人と、ロンリープラネットのページを見せて情報交換しやすいというメリットがあります。ただ、ロンリープラネットは文字主体のガイドブックで地球の歩き方のように画像が沢山あるわけではないのでご注意を。

マチュピチュのみを詳しく扱ったガイドブックもあります。地球の歩き方編集室が出版している「世界遺産 マチュピチュ完全ガイド」です。

世界遺産 マチュピチュ完全ガイド (地球の歩き方 GEM STONE 25)

マチュピチュの全体地図、各地区の見所、ワイナピチュやインティプンクなど、マチュピチュの見所を全て扱っています。このガイドブックがあれば、マチュピチュの見所を見落とすことはないでしょう。マチュピチュ単体でここまでの情報量と写真を掲載しているガイドブックは他にないと思います。一つ問題点は出版された日付が古いため、マチュピチュ遺跡へのアクセスの方法などの情報が古くなってしまっています。遺跡自体の情報は変わらないのでマチュピチュを詳しく知るには良い一冊ですが、旅行に関する情報は他のガイドブックに頼った方が良いでしょう。