クエラップ要塞へのロープウェイが来年から運行

「北のマチュピチュ」とも言われる、今注目のクエラップ(Kuélap)要塞。
このクエラップ要塞への新しい交通手段であるロープウェイが、2017年1月からいよいよ開始しますが、貿易・観光庁(Mincetur)のEduardo Ferreyros氏は、最初の10日間は試運転期間とし、無料との発表を出しました。

この新しいロープウェイによって、アマゾン地域への観光が活発化する見通しです。
今までは、ヌエボ・ティンゴ(Nuevo Tingo)からクエラップ要塞まで32キロの距離を、約90分かかりましたが、このロープウェイのお陰で、4キロの距離をわずか20分で到着(標高3,000メートル) となります。
加えて、Ferreyros氏は「このロープウェイは、最新式で速くて安全」とも述べています。

無料の試運転期間の後は、往復で20ソルとなります。
ロープウェイは全部で26台あり、それぞれ8人乗りだそうです。

クエラップはまだ行ったことがないので、いつか是非行ってみたいです!

元の記事

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。