ペルー文化庁が47のインディヘナとその言語について学べるアプリをリリース

ペルー文化庁がスマートフォン用のアプリのリリースをアナウンスしました。
アプリの名前はiOSやAndoroidのアプリストアで「MAPA SONORO」で検索すると見つけることができます。(無料)
正式名称は「Mapa Sonoro de Lenguas Indígenas u Originarias」で、インディヘナ・原住民言語の音響地図というような意味です。

アプリでは47のインディヘナ(インディオ・原住民の意味)の言語についての解説と、話者の統計、いくらかのビデオや録音などが含まれています。
ケチュア語、アイマラ語などのメジャーな現地語はまだ多数の話者がいますが、その他の少数言語の中には数百人程度の話者しかおらず、絶滅の危機に面していることが分かります。

興味のある人は是非ダウンロードしてみてくださいね。

文化庁の告知のページ

 

Machuyo.com 管理人及びプログラマー。
「地球の歩き方」や「トラベルコちゃん」等にコラム執筆経験あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。