ペルー新大統領クチンスキーが就任

kuczynski
ペルーの新大統領に就任したペドロ・パブロ・クチンスキー氏

7月28日はペルーの独立記念日でもあり、5年に一度の大統領の交代の日ともなりました。
前任のオリャンタ・ウマラ(Ollanta Humala / 年齢54)に代わり、ペドロ・パブロ・クチンスキー(Pedro Pablo Kuczynski / 年齢77)がペルー共和国の第95代大統領に就任し、本日その就任式が行われました。

クチンスキー氏は今年6月の大統領決選投票にて、1ポイントに満たない僅差にて元大統領であるアルベルト・フジモリ氏の娘であるケイコ・フジモリ氏を下し、大統領に当選しています。
クチンスキー氏もケイコ氏も、どちらもルーツがペルー人ではないのに、それぞれ国民の半分の支持を得たというのが、移民に寛容なペルーらしさを感じます。

就任に伴い、クチンスキー氏は国民に大統領として最初のメッセージを発し、6つのマニフェストを掲げました。

・すべてのペルー人に上水道・下水道を配備
・大勢の若者に世界が開かれるよう公共サービスを提供
・繊細かつ効果的な公衆衛生を提供
・できる限り、国を正しい形にする
・発展のためのインフラを整備する
・長く続いている災厄である政治腐敗、差別、不安などの問題と戦い、それらからこの国を開放する

今後、ペルーはこのクチンスキー大統領の下に5年間歩むことになります。

 

元の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。