リマで話題のタイ料理屋さんに行ってきたよ

ペルーの首都リマで本格タイ料理を提供するレストランがあると、最近ネットで話題になっていたので行ってみました。
レストランについては、本来はマチュヨのページにしっかりレポートするのですが、今回は訳あって(後述)軽いレポートにします。

Limaのビジャ・マリア・デル・トリウンフォ(Villa María Del Trunfo)という、ミラフローレス地区や歴史地区などの観光地からはだいぶ離れた、少し暗い路地にそのレストランはあります。
お店の名前は「Aji 555」といい、Ajiとはスペイン語でトウガラシのこと。
なぜ555なのかというと、タイ語で5の発音は「ハー」、つまり555でハッハッハーとなるわけです。
食を通じて楽しい時間を過ごしてほしいという気持ちが込められているということです。

店内はあまり広くなく20席くらい。
タイの写真が沢山貼ってあります。
この日は私たちが一番乗りで到着、最初は貸し切りでしたが、予約席があり後からカップルが来店。

最初に頼んだのは前菜で、海老のナンプラー風と生春巻きです。
この海老は結構辛めのたれに生エビが沈められていて、甘い海老の味を楽しんだ後には辛いたれを飲み干します。スパイシー、お勧め!
今回はハーフにしてもらいましたが、本当は6個でS/ 20だったはず。お得です。

生春巻きは野菜のみで甘いたれも絶品。定番なので安心感がありますね。

 

そしてスープに頼んだのが、この「トム・カー」。定番のタイのスープはトム・ヤム・クンですが、トム・カーは私が大好きなスープなので外せませんでした。
ココナッツミルクでマイルドに仕上げてあるのですが、レモングラスなども入っており、タイのスープの独特の酸味もしっかりあります。
種類がチキンと海鮮から選べますが、やっぱり海老の入っている海鮮でしょう。美味しすぎです!!

 

続いてやってきたのがパッタイ(タイの焼きそば)のハーフサイズ。
このお店では色々な種類を味わってほしいということで、ハーフサイズでの注文も受けてくれます。

ピーナッツが混ぜ込まれているのが普通ですが、ここではトッピングとしてクラッシュしたピーナッツが添えられます。
自分好みに調整できていいですね。

 

そしてグリーン・カレーのハーフサイズ。
これはちょっとしょっぱめで、ご飯も硬かったかな。
でもかつてタイで食べたあの味がしました。

 

さて、ここからはデザート。
この可愛いボールは実はアイスのフライ(天ぷら?)です。

中にはチーズアイスが冷たいまま入ってます。
アイスとホイップに加えて、フライによる香ばしさ。
これは絶対にオススメ。必ず食べましょう。

 

そしてこれはマンゴーとお餅のスイーツ。
中にある白い部分がお餅(米を潰したもの)で、ココナッツミルクと練乳かな?で甘くしてあります。
タイには日本のおはぎの様に、お米のスイーツもあるんですね。

 

 

余談になりますが、私はこの日は非常に暑かったこともあり、ビーチサンダルでレストランを訪問してしまいました。(失礼!!)
ところが不幸なことに、食事中に足の姿勢を変えた時にビーチサンダルの鼻緒がブチッ!と切れてしまいました。
これでは宿に帰れません。

仕方がないので、ウェイターをしてくれていたご主人に事情を話したところ、嫌な顔を一つもせずにすぐに「何とかしますよ!」と頼もしい言葉を残してサンダルを預かってくれました。
その後、修理されて出てきたビーチサンダルが上の写真です。
このレストランのシェフはタイ人の奥様で、ご主人が接客をされているようです。タイでもビーチサンダルをよく使用するので、鼻緒が切れるアクシデントにも慣れっこということ。直し方をよくご存じで、少なくとも宿までは持つようにと直してくださったおかげで、無事に帰ることができました。普通、レストランでここまでしてくれますか?感謝です。

 

感想

このレストランは現在、リマのレストランの中でかなり高い評価を受けていますが、それにも納得です。
まず、料理がおいしく、本物のタイ人シェフによるタイ料理だということです。
他の国で本物のタイ料理の味を出すのは難しいでしょうが、タイ料理のスパイスも惜しげなく使って本場の味を作っています。
海産物や南国フルーツが多く流通するリマという都市は、タイ料理の材料も揃えやすいのかもしれませんね。

もう一つの特筆すべき点は、接客の素晴らしさです。
シェフのチャニ(Chani)さんが恐らく奥さんで、ご主人が接客をされるのですが、その接客が素晴らしい。
一つ一つ料理について親切に説明してくれたり、気配りを細かにしてくれます。
日本でもここまで気配りをしてくれる店を見つけるのは難しいですね。
先ほどのビーチサンダルの件も含めて、接客は満点の評価です。

 

今回、こちらのレストランはレビューではなく、簡易な感想としたには訳があります。
実は私たちが訪問した週に、現在の店舗を閉めて2か月程休業するとのこと。
チャニさんはタイに旅行して、色々入手するものがあるそうです。
レストランの場所も、もう少しアクセスのよい場所に変えて、そこで営業を再開すると言っていました。
将来的にはクスコにも出店したいとか。待ってますよ!!

ということで、きっと6月くらいに新しい場所でこの「Aji 555」が営業を再開することになるでしょう。
そうしたら、再度訪問して、今度はちゃんとしたレビューの記事を書きたいと思います。

 

Aji 555 Real Thai Cuisine

Lima 35 Villa María del Trunfo Jr.Santa Cruz 870 (2do. piso)
(一時的に休業中)

 

Machuyo.com 管理人及びプログラマー。
「地球の歩き方」や「トラベルコちゃん」等にコラム執筆経験あり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。