ロンリープラネット2019年ベスト・イン・トラベルでペルー北部が3位に!

 

ロンリープラネットが発表した2019年ベスト・イン・トラベルの地域カテゴリーで、ペルー北部が3位に選ばれました!(ちなみに、1位はイタリアのピエモンテ、2位はアメリカのキャッツキルとなっています。)
ペルーの北部は、あまり観光地としては知られていませんが、古代文明の地であり手付かずの自然が多く残り、世界でも有数の景色を楽しむこともできます。
加えて、「北のマチュピチュ」とも言われるクエラップ要塞へのケーブルカーが開通したことにより、以前よりアクセスしやすくなったこと、リマ⇔ペルー北部間のフライト数も増加したこともあり、2019年はペルー北部を訪れるのにパーフェクトタイムだそうです。
確かに、ペルー北部にはクエラップ要塞を始め、ゴクタの滝やジャングルの都市イキトスなど、魅力的な場所が沢山あります。
マチュピチュ観光の際には、ペルー北部までちょっと足を伸ばしてみるのはいかがでしょうか?

ロンリープラネットHP

2003年よりペルー在住。
スペイン語、ケチュア語を操る。
ペルーの文化・料理・音楽に詳しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。