交通ストを控えてオリャンタイタンボが混雑

paro-ollanta-01

マチュヨの新着情報でお知らせしたとおり、ウルバンバを筆頭に、オリャンタイタンボ、チンチェロ、カルカで8月3日4日にストライキが実施されます。
このストライキにはいくつかの理由があるようですが、一番注目されているのがConsettur コンセトゥールという、マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)からマチュピチュ遺跡に行くためのバスを運営している会社に対する抗議という理由です。

コンセトゥールはマチュピチュまでのバスの運行を独占しており、現在はマチュピチュ遺跡まで20分の道のりを片道$12という高額で乗車券の販売をしています。
コンセトゥール社は多額の賄賂を自治体に支払うことで独占状態を維持しているという現状に、ストライキを通して抗議がされ、観光マフィアと呼んで非難してます。

 

paro-ollanta-02

このストライキを受けて、スト決行の前日となる8月2日は聖なる谷で渋滞が起こるほど混み合いました。
オリャンタイタンボの町や遺跡も、夏のバケーションのシーズンであったこともあり、非常に混雑していました。

paro-ollanta-03
このストライキによる主張が受け入れられなかった場合、ストライキの主催者は今回参加した町だけでなく、聖なる谷全体とクスコも含めて再度ストライキを行うと述べています。

paro-ollanta-04

元の記事①
元の記事②

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。