マチュピチュ、遺跡出口への新しい道が今日開通

1475156

本日8/31、マチュピチュ出口に通ずる新しい道が開通しました。
大人気の遺跡マチュピチュには毎日大勢の観光客が訪れるため、循環を改善する目的で作られました。
新しい道は、長さ98メートル、幅1.4メートルあり、保護の為に木でできた手すりがついています。
排水設備、歩きやすいよう路面の加工もされているそうです。

今回の工事の為に、La Dirección Desconcentrada de Cultura de Cusco(DDCC) は、約40万ソルを投資したとのこと。
この道を作ることは、「危機にある遺跡リスト」に含まれないようにするための、ユネスコから勧告の一つだったそうで、その一つを今回達成できたのは喜ばしいことです。
今後は、観光客が持ち物を預けることのできる建物も整備する予定だそうです。
マチュピチュが観光客にとって快適な遺跡になるよう、是非ともどんどん改善してほしいですね!

元の記事

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。