クスコの日常:祭で交通が麻痺

cusco-trafic

クスコの人はお祭り好きです。
毎週のように、と言うと言い過ぎですが、少なくとも毎月は何かしらの祭りを行っているように思います。
今はちょうど、ペルー独立記念日を前に控えて、聖人(サント)の像を担いでパレードがあちこちで行われます。

用事があったので、バスに乗ってクスコの北の方に向かおうとしたところ、ちょうど聖女サンタ・アナの行列に当たってしまい、バスは全く動かなくなってしまいました。

完全に停止したバスの横を、ダンスとバンドの行列が過ぎていきます。
乗客は文句も言わず、ただ待つのみです。

30分以上かかって、やっと坂を上りきると、サンタ・アナ広場(Plaza Santa Ana)でお祭りをしていました。
この道はクスコを抜けて聖なる谷に向かう、観光でもっとも大事なルートなのですが、このように祭の出店で渋滞を巻き起こしてしまっていいのでしょうか。
去年オープンしたばかりのヒルトン・ガーデン・イン・クスコ(Hilton Garden Inn Cusco Hotel)の入り口もこの道にあるため、宿泊客は大迷惑を被ったのではと思います。

しかし、クスコの人は時間とか迷惑を考えるよりも、ただお祭りを楽しむ方が優先のようです。
これではなかなか経済や社会は発展しないだろうなぁと思うのですが、そもそもそんな発展をクスコの人たちは望んでいないのかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。